スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, -

レース のポーチ癸押

 4月17日

昨日の、続き
口の所を、三つ折りします。
(布がサテンなので、スベリ易ので、
気お付けてね。)



この様に、三つ折りして、ミシン。


この布を、二つに切り離します。
こして、一度にレースを、付けると、
段が歪まなくって、助かります。




間にフアスナーを付けます。
20センチのフアスナー。




フアスナーは、突き合わせで、見える様に
ミシンを掛けます。



底を縫ってから、脇を縫うと、やり易いですよ。



仕上がりの、底。
脇マチ7センチが、入っています。



リボンと真珠を、飾ると、とても素敵な
ポーチになります。



頑張って、5つも仕上がりました。







at 09:35, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

レースのポーチ

 4月16日

レースの、小物入れ。
春らしく、白で作りました。
まだ、途中ですが、この後の、
サテンのリボンと、真珠を付けて、
しあげます。




型紙は、簡単です。
たて20センチ  横25センチ
2.3.3,3,9センチに、横の線を
引きます。


サテンの布に、接着芯を貼り、
間隔で、糸印を付ける。




一段目の綿レースを、逆さまに付け、ミシン。




一段目を下に、折り返し、ミシン。
二段目も、一段目と、同じ様に繰り返し
レースを付けていく。





三段目も、同じ。






この様に三段の、レースが重なり、春らしい
小物になります。
明日は、フアスナー付けと、底マチを、
作ります。

at 08:39, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

ポーチ

 2月25日


縦10僉_12センチ  厚み4センチ
真ん丸な可愛いポーチ



柄の有る20センチのフアスナー。




こよように、開いても、柄が壊れなく、
美しく、付ける事ができます。 


底、側面に接着芯を、貼る。
(布縮緬)




裏布も、表と同じ様に、接着芯を貼る。
羽織裏を、使用。


フアスナーを、表から付けた所。



裏地をまつり、付ける。




真ん丸でとても、可愛いポーチ。

何を入れるか、考えている間が、
一番楽しい事ですね。

(歯痛は何とか、治まりました。)ゴメンネ

at 08:32, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

ブロウチ(ループ)

 2月12日

ループブロウチ
1センチ巾のループを作り、アンゴラの毛糸を、
10本入れました。



先の余分な毛糸を、切り取ります。


内側に入れて、縦まつり。



50センチのループが、仕上がります。



円を描きながら、形を整えます。



整えながら、裏で縦まつりをします。



本体をねじりながら、縦まつり。




仕上げに、ビーズを付けます。




これは、別布で0.5センチの、ループを作り
同じ様に作りました。(長さは、50センチ)


細い方が、やり易いのですが、華やかさに、欠けます。




円を多く、取る事ができます。(細いと)



小さいパール、大きいパールの組み合わせ。



少し残った布で、こんな物も作ってみました。
とても、可愛いブーロウチが仕上がります。

at 08:25, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

花かごブロウチ

 1月31日

昨日の続き。
花かごの、手の所です。
0,3ミリの江戸打ち紐を、クロウバー
(5・0 3.0ミリ)のかぎ針で、15回鎖を編む。  

 

籠の飾りの、梅鉢。
(以前にこれの、作り方は、アップしました。)
これを、多く作り置き、しておくと便利です。



パールの形違いです。



上の3点をボンドで、それぞれに、組み合わせて、
付けていきます。












この様に、可愛い、花かごブロウチが仕上がります。

いよいよ、明日から2月です。   
今、鬼のタペストリーを仕上げています。
4日の火曜日までには、間に合わせて、
アップしたいと、思います。 

at 08:22, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

花かごのブロウチ

 1月30日
昨日お知らせしました、花かごバック
縦、横6センチの、小さなブローチです。

大きさ  直径11センチ  半径5センチのだ円形
布    表大島  裏八掛け
飾り   縮緬  ビーズ  梅鉢



矢印の所までを、ミシン。





周りを、0.5センチに切りそろえ、2センチの、
口から返す。



返してから、0.5内側を、ミシン。




この様に、餃子の形を、作ります。




まん中に、綿を入れます。




半分に折り、ミシンの下側を、細かくぐし縫い。



糸を引っ張って、糸を止めます。



この様に、バックになる、本体が仕上がります。


明日は、これに籠の手を付けて、お花の
飾りを付けて、仕上げです。
幾つ仕上がるかな?


























at 07:10, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

帽子  2

 12月13日

昨日の続き。
6枚のパーツを、つなぎ合わせた所。
1.5センチの縫い代で、切り込を入れて、
アイロンを、掛ける。
仕上がり線に、躾。



裏返すと、帽子の形が、見えてきます。



裏布と表布を、合わせて躾。




表から見た所。



裏から見た所。



表から見た時、裏の布が0.5センチ出る。
(こすると仕上がった時、少し裏布が出ていて、
美しいラインが、出てきます。)



横から見た、時。



前から見た時。


真ん中に、クルミボタンを付ける
合わせた所を、ボタンで、押さえる。

仕上がり。


表布  デニム  裏布コーデュロイ
(30センチ、  巾110)

at 07:52, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

帽子 1

 12月12日



チユーリップハットの変形。


型紙  同じ型紙を、6枚


キリビを打つ。





バイリーン接着芯jf-3(しつかりタイプ)
12枚裁つ。



表、裏全てに貼る。



くさ色が6枚(裏布)
デニムが6枚(表布)








一番長い辺を、印から印まで、ミシン。
(余分に縫いすぎない事)



このように、丸く縫い合わす。




裏も表も、同じ様に縫い合わす。
真ん中は、少し穴が開いても、かまいなせん。
(後で始末します。)



返して見た、所です。























 

at 09:05, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

シヨール




 11月28日

特別寒い朝ですね
寒いのが、苦手せす。

120センチの、正方形を、半分に折ります。



角から20センチを、丸く落とします。
バイヤスで、使います。


回りを、オーバーロックで、かがる。



7センチ巾の、フリルリボンを、付ける。



角の所は3センチ、折り返して付ける。



包みボタンで、二枚した、布が広がらない様に、
8ヶ所に、力ボタンを付けて、止める。
(このボタンが、アクセントになります。)



少し大番のシヨールです。






いろいろに、つかえます。
たとえば、膝かけ、座布団、
雪、雨の時は、頭から覆って下さい。

これから、寒い毎日が続く事と、動くことが
苦手てな、貴女、、、  良い事が有りますよ。
朝 起きる時、
お布団の中で、手と足の指で、グー、チョキ、パーを
5回ゆっくりすると、頭と指先全体に、血が回り
少し、起きるのが」、楽になりますよ。

at 07:46, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -

帽子   癸

 11月22日
昨日の続き。

6ヶ所を縫って、表に返した所。



脇にワンポイント。
右に、刺繍を、入れる。


裏側も、表と同じ様に、ミシンを掛ける。



アイロンで、縫い代を割る。


表と裏を合す。
縫い代の、ミシンを、目印に。



合して躾。
(裏地を、全体で1センチ小さく縫う。)



ヒサシと頭の部分を、合わせて、
グロリアンテープを付けて、ミシンを掛ける。
(この時、ミシンが掛りにくく、大変ですが、
ユックリミシンを、掛けて下さい。)





テープを、内側に入れて、大きさを
整える。



ピンを打つた所を、ミシンを掛ける。


意外と簡単に、仕上がりました。
(一日で、仕上がりました。)

at 08:14, 輝洋裁研究所, 小物

-, -, -